遺伝子検査について

genetic test

遺伝子検査の意義

昨今よく耳にする遺伝子検査とは、両親から受け継けついだ、一生変わることのない体質(遺伝子の形:DNA)を調べる検査を指します。この遺伝子検査では個人の薬の効きやすさや、副作用の出やすさ、また将来的な病気にかかるリスクを予測することも可能です。

病気のリスクを予測できることで、生活習慣に気を遣う動機づけにはなりますが、その結果の内容如何(リスクが高かった、治療法が未だ見つかっていない病気のリスクが明らかになった場合)では、精神的ショックを伴うことがあります。

更に、その情報は個人だけでなくその家族に共通する重要な個人情報なので、厳しい管理下に置かれる必要があります。



DNA検査とRNA検査

上述の生涯変わらぬ遺伝情報(DNA)について検査することも重要な意味を持ちますが、実際のがん発症のプロセスには、いくつもの遺伝子の異常や環境因子が複雑に絡み合っていることが多く、前がん状態でも生体内において平常時とは異なった遺伝子発現を示すことが分かってきており、その発現変化(RNA)を検査し、一定基準を設けることで、『未病』状態の解明が可能になると考えられています。



RNA検査の有用性

RNA検査では着目した遺伝子について、各治療法や薬品に関しての有効性(その遺伝子の発現に対してそれぞれの治療法・薬品が与える影響)も予測できる可能性が生まれており、今後の更なる技術革新が期待されています。