遺伝子の発現について

gene expression

セントラルドグマに従って遺伝子が発現する

分子生物学の中心命題「セントラルドグマ」によると、遺伝子情報の流れはDNA→RNA→タンパク質とされ、そのセントラルドグマに従って、遺伝情報が利用される過程を遺伝子発現といい、「転写」と「翻訳」が含まれます。




RNA(リボ核酸)とは

RNAには、メッセンジャーRNA(mRNA)のほかに、トランスファーRNA(tRNA)、リボソームRNA(rRNA)の3種類あり、これらのすべてがタンパク質生合成(翻訳)において機能しています。

mRNAはDNAのアミノ酸を決める部分から塩基情報を写し取り、tRNAは、アミノ酸と結合して、このmRNAの情報に従いアミノ酸をリボソームに運び、リボソーム上でタンパク質を合成します。

rRNAは、タンパク質と結合してリボソームを構成しており、タンパク質合成に関与していると考えらおり、このように、3種類のリボ核酸は、DNAの遺伝情報をタンパク質に変える役割をもっています。